忍者ブログ
クラシックギター奏者、作・編曲家として活動している小関佳宏のブログ
僕は香港へ来ています。はじめての香港。

今は二日目の朝を迎えています。
最低気温がマイナス8℃だった仙台からあたたかい香港。
もうそれだけでも幸せ。
聞きなれない鳥の声と街の音がしています。

香港へ来る前日は和菓子まめいちさんでの
”こころあたたまる音楽会”では
みなさんに「気をつけていってきてね」
「思いっきりやってきて」
と声をかけてもらって、
みなさんのあたたかい温度を持ってここまできました。

いつのながら準備がギリギリな僕はほとんど寝ないで、
大雪の影響で飛ぶか飛ばないか心配な飛行機に乗り、
遅延とかはあったもののしっかりちゃんと香港にたどり着きました。

そう、今回何が不安だったかって、「一人」だってこと。
今までのエチオピアもアメリカもポルトガルも団体だったから、
わかんなければ誰かいた。
けど、今回は一人なんです。中でも入国審査が心配で。
英語が出来ないから何か聞かれたらどうしよう!?って。
そしたら、なんなくクリア。
そこ、心配するところじゃなかったん?

そんなこんなで香港へ到着。

15時くらいについて、
その日の晩にライブがあるので早速練習。
異国の地でギターを弾いていると、
同じ曲もいつもと違う景色が見えてきて、
今、この国でこの音楽を演るのは僕だけなんだ。
と、そんな気持ちになり、
なんか自分が”今ここにいる感”がするのでした。

ライブはなんと21時半からのスタート。
日本だったらもう帰る時間です。笑
チケット制のコンサート形式ではなく、
チャージを払って誰でも聴けるスタイルのものへの出演でした。

満席状態でライブスタート。

香港はアジアのニューヨークと言わせるほど金融で活気付いている。
以前はイギリス人が多かったけどここ数年はフランス人が多くなったのだとか。
とにかくいろんな人種がいるなぁという雰囲気。

ライブの内容は後日書くこととして、
またその後が面白かった。

日本のお笑いが大好き過ぎてすっかり日本語を覚えてしまった若い香港人と仲良くなり、
日本の歌が大好きで日本人よりよっぽど歌詞を覚えている香港のミュージシャンと「時の流れに身をまかせ」を一緒に熱唱したり、ここへきてこんなことが起ころうとは。

そんなマニアックな2人と
香港No.1の大御所のピアニスト、
 共演したヴェンデ陽子さんと5人で街へ繰り出したのでした。

広東語と英語と日本語が入り乱れる会話。
ヴェンデさんは広東語は話さない、
現地ミュージシャンは英語と広東語。
お笑い好きの彼がオールマイティーに話し、
ワタクシは日本語オンリー。笑

とっても美味しいミルクティーとすごく細麺の焼きそばを食べ
おそらくきっと音楽の話なんだろうごちゃごちゃの会話をして
夜は暮れていくのでした。


楽しいなぁ、香港。
この地へ来れて良かった。
PR
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。



年明け最初の仕事は、東京へ向かい香港レコーディング&ライブのためのリハーサルから始まります。


お正月はかろうじて初詣には行ったものの、こもって編曲してました。
これはアレンジャーとしてのあるべきお正月の過ごし方でしょうw



「一年の計は元旦にあり」
なんて言いますが、
きっと、今年は
「じっくりこもって
おおきくのびる」
そんな感じになりそうです。


リハーサルの後は
日本ギター合奏連盟の理事会
からの、新年会。


陰ながら、ギター界を盛り上げるために楽しく頑張ろうと思います。
2017年を振り返って

大晦日も関係なく、
淡々と机に向かって編曲して私でありますが、
ちょっと手を休めて、
今年の振り返りをしたいと思います。

先ず、今年もギタリストとして
一年を過ごすことができたことを
皆様に感謝したいと思います。
おかげさまで充実し、
楽しい一年となりました。

年間を通して行って来た「小関佳宏コンサートシリーズ」
も気づけば35回を終え、
和菓子まめいちさんで毎月出演させていただいている
「こころあたたまる音楽会」。
こうして継続させていただいていることが
やはり力になり、多くのことを学ばさせていただいて、
皆さんとの時間がまた次へのエネルギーになっています。

また、今年から日本ギター合奏連盟の常任理事となり、
ほぼ毎月東京へ通ったこと、人と出会い、レッスンを受け、
その道中のいろいろなことを考える時間も良いものでした。


宮城県・雄勝での「雄勝オーリンクオーケストラ」
の指導も、毎回佳い時間でした。


長年通っていただいているギター教室の生徒さん、
ギターアンサンブル・オレンジでの時間も、
いつも「素敵な人に恵まれているなぁ」
と心から感じています。


今年の大きな出来事のひとつ、
それはギタリストを目指す若者、
久慈さんと間渕くんの存在が
身近にあったこと。今までは自分がどうやって
その道を目指すかだけを考えてきたけど、
彼らのおかげで違う目線から「ギタリスト」
という道を見つめることができました。


もうひとつの大きなことは「山下俊輔氏!!」
これはどえらいことでした。
春に会った頃、こんなことになるなんて
全く想像してなかった。
こんなにコンサートをやることになろうとは。
まさかCDを作ることになろうとは!!
彼は、きっとそういう風を吹かせる役割の人なんでしょう。
僕の中にも大きく風が吹き、僕の周りにも風を吹かせている。
来年も、ひとまわり大きな風が吹き荒れる
予報が出ておりますので皆様お楽しみに!


ギター&朗読・ハッピーポケッツも県外公演もあり、
 たくさんの場所でパフォーマンスさせていただきました。


そう、「イタリア音楽」をシリーズで
3月、6月、9月で行いました。
ソプラノ沓澤裕恵さん、ヴァイオリン駒込綾さん。
このメンバーで気仙沼での復興コンサートのも大切な時間。


佐藤正隆さんとの6月の関東ツアー、
それに続くレコーディング〜CD「この空の下」発売。
仙台でのリサイタル開催。


7月7日に村治佳織さんに会えたこと。


クアトロ・パロスの東北ツアー。


9月、仙台で開催した「佐藤弘和作品を楽しむ会」


10月、山下さんとの東北ツアー。


今年、何回コンサートさせてもらったのだろうと、
数えてみよう、と思ったけど、
ひとつひとつ違うもので「数」で表せるものでもないのでやめました。


ひとつひとつが大切な思い出であり、
きっと未来に繋がっている一歩一歩。


ただただ、ひたすらに皆さんのおかげです。
本当にありがとうございます。


未だ見ぬ、素晴らしい音楽のその先へ。
高みへ向かう道の途中に幸せがあり、
進む意欲と希望があるばかり。


今年もお世話になりました。
ありがとうございました。


皆様、よいお年をお迎えください。


2017年 大晦日
小関佳宏


来年1月25日から29日まで香港へ行きます。
ヴォーカリストのYoko Wendeさんからお招きいただき
25〜27日に香港各地でライブをして28日にレコーディングを行います。

「Japanese Soundtracks in Duo」


詳細はまた後日。

僕は一人で香港へ辿り着けるのか!?


カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[12/22 エルメスベルトN級品]
[12/21 スーパーコピー時計]
[11/24 Y]
[11/10 かわぐち]
[10/19 Y]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
Yoshihiro KOSEKI
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索

Copyright © [ 小関佳宏のブログ ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]