忍者ブログ
クラシックギター奏者、作・編曲家として活動している小関佳宏のブログ
今日のコンサートシリーズにお越し下さった皆様、
ありがとうございました。

『第29回』を終えて、感慨深い気持ちでおります。
いつもお越しいただいてる皆様、本当にありがとうございます。
おかげさまです。

今日、コンサートの時に言ったことを改めて、詳しく、
ここに書かせてもらいます。

誰かと共演させてもらうコンサートは楽しい。
先週は山下さんとの東京、続いて正隆さんと3日間。
楽しい『共演』の時間の後にソロのコンサートがやってくると
『一人』だということをいつもより強く意識するようになります。

正直、誰かとずっと一緒の方がいいんじゃないかって
一瞬、思ったりもします。

けれど、僕は最近、強く思うんです。

この、ソロの時間があるから、誰かと演れるんだ、と。

そんな、自信があるわけじゃなくて、
「一人で戦う時間が自分を強くしてくれる」
それに挑んでいる。

一人で舞台に立つ気概みたいなものは
やり続けていないと、すぐに失われてしまう。

2013年、2014年頃
僕は編曲のお仕事で家に籠っていることが多かった。
ギターは弾いている。
けれど、表に出ないでいた。

すると、ソロが弾けなくなりました。
『怖い』という気持ちが先に立つのです。

この、そこはかとなく漂う『怖い』は本当に怖い。

そして、それを脱却するのにもすごく時間がかかる。

ギター弾きは
いくら編曲しようが、どんな作曲をしようが
結局、その瞬間にどんな演奏ができるか、だったりする。

その点においても「怖さ」はつきまとう。

僕は、作曲もしたい、編曲もしたい、演奏もしたい。
欲張りだ。
それを全てやるのは並ではない。

誰かが練習している間、僕は編曲をし、作曲している。
単純に考えて、練習だけしている人には敵わない。

けれども、僕は思う。

作・編曲している立場から見えてくるものがある。と。

この三つがバランス良くなった時がベストだと。

加えて言うなら、今の時代は
この三つがやれて当たり前の時代に入っていると思っている。
そして、『音楽』というものを生業として生きる者にとって
一番楽しい生き方だと。

ちょっと、話がそれたけど、
つまるところ、このコンサートシリーズが
とっても大切だってことです。

そして、そして、
このコンサートシリーズに来てくださっている皆様が
本当にありがたい。

この時間があるから、僕は外へ出ていけるのです。

本当にありがとうございます。






PR
 

7月は秦基博特集!!

8月は星野源特集!!

9月は宇多田ヒカル特集!!

今月は今度の日曜日です!!
山梨の小淵沢から茅ヶ崎へ向かう途中、お土産を買いにちょっと足を伸ばした先で美味しいものに出会いました。
須玉インターのほど近くで、行列ができているお店があり、立ち寄ってみると、、

「水信玄餅」

6〜10月の土日限定。

運良く食べることができました。

そういえば、テレビで見たことあった。

水がきれいな土地だから
「水を食べる」という発想から生まれたと言う。

プルプルを超えた、形容できない状態。

旨し!!!

記憶に残る味でした。
佐藤正隆&小関佳宏「Hope Tour」
2〜3日目

無事に三日間の行程を終えて、仙台に帰って参りました。

2日目の茅ヶ崎、鈴木一葉さんのギター教室での演奏は写真を撮り忘れてしまい、何も残ってないのが残念。。

でも、こちらもたくさんの方々にお越しいただいて楽しいコンサートとなりました。

中でも、一葉さんも加わっての三重奏が一番楽しかった。
一人より二人。二人より三人ですね。

終演後は一葉さんのお教室の生徒さん達も一緒に食事をさせてもらって、その間も重奏したり、誰かがギターを弾いていました。音楽の話、ギターの話。
こういう時間も大好きです。

その後は深谷まで移動して宿へ。
ここに着いてすぐに寝てしまいました。

そして、最終日。
野辺手工ギター工房さんでのコンサート。
一葉さんのところと野辺さんの工房は2011年の秋にも演奏させていただいたので6年振りです。

我々の控え室はギターが制作されている工房。これもなかなか体験できないことです。

僕が高校生の時から野辺さんの工房へ何度かお邪魔させてもらっていますが、楽器が作られる場所の神聖な空気が好きです。楽器に対する意識も変わります。

そんな空間で、演奏させてもらえる機会を与えてもらって、嬉しいです。

ツアー中は、「演奏」「移動」「食べる」「寝る」の四つのことしかしない特別な時間。
ご褒美みたいな時間。

僕は20代の10年間、毎年夏に2週間この「ツアー」という時間を過ごしていたわけだけど、やっぱりあれは特別な時間だったんだなと思う。
今回様々な場面で、その記憶が蘇るのでした。

帰り道、正隆さんと今後の展開を話て、盛り上がっている間に仙台に着きました。

次のことへしっかり頭をシフトして、
さあ、明日からまた頑張ろうと思います。
先ずは、来週のコンサートシリーズへ向けて準備します。




佐藤正隆&小関佳宏「Hope Tour」初日 6/9

昨日も最高の一日でした。
朝9時に仙台を出発。山梨県の小淵沢にあるペンション白い仔馬さんに向かいました。天気も良くて気持ちいい道のり。

今回演奏させていただいた「ペンション白い仔馬」さんの久保田さん、facebookでは繋がりがありましたが実はお会いするのは2回目。一度目は昨年末の弘和先生の作品展でほんの少しお話させていただいただけでした。
久保田さんの日頃のfacebookの投稿や初対面の印象がとても素敵で、無帽にも無理を承知でコンサートの企画をお願いしたのでした。すると快くお引き受けいただいて…。もうホントに感謝しかないです。

到着したペンション、写真では見ていましたが、なんと素敵な場所。環境も建物も。あー、ここに来られて良かったなぁ〜って一瞬で思いました。

今回の正隆さんとのツアーは弘和先生の作品が中心です。
僕と正隆さんに書いてもらった〈Hope〉をたくさんの方々に聴いていただきたい、という気持ちがこの旅の真ん中にあります。

昨日、コンサートの最後にHopeを演奏していたら、こんな素敵な出逢いに巡り逢えたことの嬉しさ、いろいろな想い出が溢れてきて泣いてしまいました。
毎日、いろいろなところに弘和先生が居ます。一緒に旅をしているような気持ちになったりもしています。
(でも、明日は泣かないぞ!)

お客様も素敵な方々ばかりで、有り難すぎて泣きたくもなります。



久保田さん、お越しくださった皆様、
本当に、本当に、ありがとうございます。

カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[06/09 pasha cartier femme replique]
[03/11 love cartier replique bracelet]
[03/08 love bracelet size 16 cheap]
[03/08 faux tank cartier]
[01/20 cartier love bangle 2016 price]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
Yoshihiro KOSEKI
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索

Copyright © [ 小関佳宏のブログ ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]