忍者ブログ
クラシックギター奏者、作・編曲家として活動している小関佳宏のブログ

僕の1stアルバム「fresh air」に収録されている〈夜の虹〉には、この曲がテーマとなった物語があります。



11年前、色鉛筆アーティストの佐藤直樹さんが物語を書き下ろし、尊敬するピアニスト稲垣達也さんのお力を借りて「朗読と音楽 夜の虹」を初演したのでした。



あれから様々な時間が過ぎ、今となってはfresh airも売り切れて、「夜の虹」という曲も物語も知る人が少なくなった。



11年前、僕は26歳だった。


夢や希望が溢れ出ていた頃だ。


がむしゃらで、やんちゃで、何がなんだか分からない頃だ。



それは今も大して変わらないのだけど、


それなりに大人になったり成長した(と思いたい)わけです。



「夜の虹」はギター弾きのミントが主人公。


(どうも僕がモデルなのだとか。)



ミントが人生の夢や希望、幸せを願い、仲間や恋人と共に不思議な出逢いによって素晴らしい体験をする物語。




皆さんにちょっと思い返して欲しいことがあります。



11年前と今で「夢」という言葉の雰囲気が少し変わってないだろうか。



11年前と今までの間に、我々は東日本大震災という大きな経験をしました。


その他にも世界でいろんなことが起こった。



以前は「夢」という言葉が、もっとあっけらかんとしていたような、身近なもので、気軽なものだったような気がするのです。



そりゃあ、自分も若かった。


それももちろんあります。


けど、それだけではないと思うのです。



冒険に出よう!


旅へ行こう!


〇〇になりたい!



そんなことを言っている若者が凄く減った感じがします。


それは、なんだか寂しい。



どこか流れている空気が萎縮してしまっているような感じがしています。



どんな時だって、大いに夢を描いて


それに向かって行けば良い。



そして、そんな若者に必要なのは、


夢見る大人です。



僕にはいつも夢見る大人達が身近にいました。しかも、とんでもないことを実現させていく大人達がいました。その背中を見て育ちました。



人間の夢見る力は偉大です。



夢を実現する喜び。



それを持って生きる誇り。




初演から11年が経ち、


我々は今、この世の中に新しい意志を以って


「夜の虹」を発表したいのです。



僕は新しく曲を書いています。


今回は尊敬するギタリスト佐藤正隆さんとそれを演奏できることを嬉しく思っています。



夢見る大人の皆さん、もちろん若者も


10/25の満月の夕べ、夢見ることの素晴らしさを一緒に分かち合いましょう。




PR

現在、「夜の虹」「小関佳宏コンサートシリーズ」のご予約とお問い合わせ先になっているメールアドレス(担当:アライ)が不調で使えなくなっているようです。


しばらくの間、お問い合わせは僕のアドレス


kosekit0505@yahoo.co.jpまたはFacebookのメッセンジャーの方へお願いいたします。



よろしくお願い申し上げます。



小関佳宏

地道に続けている「小関佳宏コンサートシリーズ」
今年は残り10月21日.11月25日.12月16日です。
よろしくお願いいたします。

前回、フランスで日記を書いてから


ずいぶんと時間が経ちました。



帰ってきた報告をしないでいたから


「フランスから帰ってきたの?」


と各所でご心配をおかけしましたが、


12日に帰国しておりました。



すみません。



8/6に次は「Marciacへ行ってきます!」


とブログに書いた後から僕は体調を崩してしまい熱が上がり、フラフラのまま飛行機でMarciacまで移動しました。


到着した街を見るのも、音楽を聴きに行くのも出来ず、泊めていただいた方のお宅のベッドになだれ込んで、そのまま3日間寝ていました。


こちらの街での本番だった時間は、お医者さんに往診に来てもらって診察を受けていました。


無念!!


あの時は、とても演奏は出来なかったなぁ。


立てもしなかった。


「俺は一体、ここに何をしに来たんだ」


なんて、思ったりもしたけれど、みんなにいろいろ助けてもらってありがたかった。



薬が効いて、熱が下がり、立てるようになり、パリまで戻って、1日だけパリの観光が出来ました。



(出掛ける朝、おまけにギックリ腰にもなりました。笑)



ノートルダム大聖堂の朝のミサに行ってみたり、オルセー美術館に行ったり、セーヌ川をゆったり眺めたり、街を歩いて食事もした。



この頃には、iPhoneを駆使した会話術が上達していて、それなりに楽しく街歩きが出来るようになっていた。



日本に帰ってきてから、なかなか体調が戻らなかったり、ふわふわして過ごしていました。


そして、やっぱり、二つ目の本番が出来なかったこと、寝込んでしまったことの自分に対する整理がなかなかつかないで、悶々としていました。



身近な人たちの顔を見たり、普段のコンサートをやっているうちに体調も戻り、気持ちも前向きになりました。



いろいろなことがあったけど、


見たことのない景色を見ることができた。


やりたかったことがほとんど出来なかったけど、全然違う経験も出来た。


それによって新しい価値観も生まれた。



いろいろあったけど、


行かないよりは行った方が何倍も価値があった。


やっぱり、自分の足で、この目で見たもの、感じたものが確実に残っている。



時間が経って、思い返せばたくさん残っていることに気付いた。それをこれからに活かしたい。



願っていた、世界への扉は開いている。


その先の世界を掴むには、この日本でどう考えて、どう過ごすかにかかっている。



このフランスで得たものをしっかり心に置いて過ごしたいと思う。


HOMENext ≫
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 11 12
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/23 スーパーコピー 腕時計 口コミ 620]
[09/23 スーパーコピー ルイヴィトン 激安]
[09/23 スーパーコピー マフラー]
[08/29 浜崎維子]
[07/08 ルイヴィトン財布コピー]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
Yoshihiro KOSEKI
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索

Copyright © [ 小関佳宏のブログ ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]