忍者ブログ
クラシックギター奏者、作・編曲家として活動している小関佳宏のブログ
6/21〜23は気仙沼から遠野での復興支援コンサートへ行っていました。
ここでもミラクルのような色々な出来事がありましたが、その詳細はまた後日書くとして。。
今日は第29回 日本ギター重奏コンクールへ審査員として参加してきました。
今回のコンクール参加は4組。
東京から2組曲、大阪と仙台から1組ずつ。
僕を含め、合奏連盟の常任理事12名と特別審査員の原先生、13名での審査でした。
コンクールの審査員というのは初めての経験でした。
今のギターでのアンサンブルはどこへ向かっているのか、これからのアンサンブルはどこへ向かっていくのか、そんな流れを感じることが出来たように思います。
ギターそのものは、みんな上手い。
しかし、アンサンブルとして、人と合わせる。その意志がどこへ向かっているのか。それがそのまま結果となって表れたようにも思います。
「クラシックギター」として。
クラシックギターの「クラシック」の部分をベースとして、ありとあらゆる様々なものが融合している現代の曲。
これからの人達は知らなきゃいけないことが非常に多い。非常〜に!!
それを追っていっても一生追いつかないんじゃないかと思う。
そういう戦いに挑むのも一つの道。
そんな流れに興味を持ち、知識として知りながら、自分の音楽を創る。
それもまた一つの道。
ギターの中でも、クラシックギターの人は追うのが好きな人が多い。
けれど、目的が自分や自分達の中にあるのではなく、もっと開かれたものであって欲しいも僕は願って仕方がない。
もう一歩、二歩、先を。
そういう視点において、今回の優勝者は断トツで一位でした。
PR
次回「山下俊輔&小関佳宏 Two Guitar Live」は君津での開催です。お近くの皆様、遠くの皆様も(笑)
是非お越し下さい!




2017年 7月6日(木)

会場:君津市・八重原公民館


( 千葉県君津市南子安9-17-2 )


チケット: 一般 / ¥2,500 学生 / ¥1,500


主催:Wonder World Works


お問い合わせ・ご予約
☎ 080-2379-0446
(クジ)
☎ 090-9429-5375(コセキ)


wonderworld.koseki@gmail.com 


仙台市内

9/1 (金)  19:00~
『 第3回  17世紀 イタリア音楽の世界 』
ヴァイオリン:駒込綾 ソプラノ:沓澤裕恵 ギター:小関佳宏
会場:ほっぷの森 仙台市青葉区本町1-2-5第3志ら梅ビル4F
各回チケット ¥2,500(サービスドリンク付)
月に一度のギターの時間小関佳宏コンサートシリーズ 
30th 7/23(日)「秦基博特集」
31st 8/27(日)「星野源特集」
32nd 9/17(日)「宇多田ヒカル特集」
時間:open 18:00   start 18:30
会場:Antique&Cafe TiTi仙台市宮城野区鉄砲町5-8)
料金:¥2,000 (ドリンク別途)
9/22(土)
『 佐藤正隆&小関佳宏ギターコンサート 』
仙台市シルバーセンター・交流ホール
開演 19:00
ゲスト:森田綾乃(ギタリスト)
*詳細未定(後日HPにて)
10/8(日)
「 山下俊輔 & 小関佳宏 TWO GUITAR LIVE  仙台公演」
会場:ほっぷの森 仙台市青葉区本町1-2-5第3志ら梅ビル4F
2回公演 14:00~/19:00~  各回チケット ¥3,000 


〜〜県外〜〜

7/6(木)
「 山下俊輔 & 小関佳宏 TWO GUITAR LIVE  君津公演」
千葉県・八重原公民館・ギャラリー 19:00~
9/30(土)
『山下俊輔 & 小関佳宏ギターコンサート(仮)』
東京・近江楽堂 19:00~ 
10/6(金)
「 山下俊輔 & 小関佳宏 TWO GUITAR LIVE  山形公演」
会場未定 19:00~ ゲスト:駒込綾(ヴァイオリン)
10/7(土)
「 山下俊輔 & 小関佳宏 TWO GUITAR LIVE  いわき公演」
福島県・アリオス 小ホール 19:00~



すべての公演のご予約・お問い合わせは


☎︎ 090-9429-5375(コセキ)
wonderworld.koseki@gmail.com

 

今日のコンサートシリーズにお越し下さった皆様、
ありがとうございました。

『第29回』を終えて、感慨深い気持ちでおります。
いつもお越しいただいてる皆様、本当にありがとうございます。
おかげさまです。

今日、コンサートの時に言ったことを改めて、詳しく、
ここに書かせてもらいます。

誰かと共演させてもらうコンサートは楽しい。
先週は山下さんとの東京、続いて正隆さんと3日間。
楽しい『共演』の時間の後にソロのコンサートがやってくると
『一人』だということをいつもより強く意識するようになります。

正直、誰かとずっと一緒の方がいいんじゃないかって
一瞬、思ったりもします。

けれど、僕は最近、強く思うんです。

この、ソロの時間があるから、誰かと演れるんだ、と。

そんな、自信があるわけじゃなくて、
「一人で戦う時間が自分を強くしてくれる」
それに挑んでいる。

一人で舞台に立つ気概みたいなものは
やり続けていないと、すぐに失われてしまう。

2013年、2014年頃
僕は編曲のお仕事で家に籠っていることが多かった。
ギターは弾いている。
けれど、表に出ないでいた。

すると、ソロが弾けなくなりました。
『怖い』という気持ちが先に立つのです。

この、そこはかとなく漂う『怖い』は本当に怖い。

そして、それを脱却するのにもすごく時間がかかる。

ギター弾きは
いくら編曲しようが、どんな作曲をしようが
結局、その瞬間にどんな演奏ができるか、だったりする。

その点においても「怖さ」はつきまとう。

僕は、作曲もしたい、編曲もしたい、演奏もしたい。
欲張りだ。
それを全てやるのは並ではない。

誰かが練習している間、僕は編曲をし、作曲している。
単純に考えて、練習だけしている人には敵わない。

けれども、僕は思う。

作・編曲している立場から見えてくるものがある。と。

この三つがバランス良くなった時がベストだと。

加えて言うなら、今の時代は
この三つがやれて当たり前の時代に入っていると思っている。
そして、『音楽』というものを生業として生きる者にとって
一番楽しい生き方だと。

ちょっと、話がそれたけど、
つまるところ、このコンサートシリーズが
とっても大切だってことです。

そして、そして、
このコンサートシリーズに来てくださっている皆様が
本当にありがたい。

この時間があるから、僕は外へ出ていけるのです。

本当にありがとうございます。






 

7月は秦基博特集!!

8月は星野源特集!!

9月は宇多田ヒカル特集!!

今月は今度の日曜日です!!
HOMENext ≫
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 3
4 5 7 10
12 13 14 16 17
19 20 22 23 24
25 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[06/09 pasha cartier femme replique]
[03/11 love cartier replique bracelet]
[03/08 love bracelet size 16 cheap]
[03/08 faux tank cartier]
[01/20 cartier love bangle 2016 price]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
Yoshihiro KOSEKI
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索

Copyright © [ 小関佳宏のブログ ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]