忍者ブログ
クラシックギター奏者、作・編曲家として活動している小関佳宏のブログ
ここにフリースペースタイトルを表示
ここにフリースペースの記事を表示。
改行する場合は<br>、
その他文字の装飾など基本的なHTMLに沿って変更してください。
HTMLがわからない方は高性能エディタで記事を書いた後、
左上の「ソース」をクリック、ソースコードをコピペしてください。
用途は「ニュース」「注目記事」「アフィリエイト」「RSS」「ランキング」などなど
フリースペースの必要のない方は、普通のgradation_blue_3をダウンロードするといいと思います。

今週末の9/22『佐藤正隆&小関佳宏ギターデュオコンサート』
及び9/23『佐藤弘和作品を楽しむコンサート』へ向けて、
ここに言葉を残しておきます。


僕が弘和先生に初めて会ったのは21歳の時でした。 現代ギター社GG学院のレッスン室でのこと。チェックのシャツを着て、スニーカーを履いていて、とても 普段着な印象。僕はかっちりとした作曲家たる身なりで現れるものだと想像していた。けれどもそんな想像 とは全然違っていた。とても話しやすく、穏やかだった。僕はその日の晩に先生にメールをした。先生の曲 がどんなに好きで、馬鹿みたいに毎日弾いていること、実際にお会いできてどれだけ嬉しかったか等、その 時の僕の持てる言葉を総動員してそれを伝えた。すると返信をくれて「作曲家冥利に尽きるよ」と書いてあっ たのを今でも覚えている。本当に偉ぶることのない、穏やかで優しい人だった。


レッスンの時間は本当に面白かった。テクニックのこと、曲の背景、作曲家のこと、和声的なこと、曲が 作られた時代のこと。先生はあらゆる視点から教えてくれた。先生が作曲家だからこその捉え方も感じられ た。そして僕は先生が見ている世界が好きだった。 レッスンの場所がGG学院から先生のご自宅になってからはますます面白かった。レッスンが3時間を超 えることはいつものことで、その他本来のレッスン以外のこともしてくれた。その頃まだ幼かった娘さんを 先生と一緒に保育園に自転車でお迎えに行ったり、娘さんが僕の似顔絵を書いてくれたこともあった。玉川 上水という水辺の緑地を散歩して、作曲した時のイメージを伝えたりしてくれたこともあった。レッスンの 後に飲み屋さんに行ったこともあった。あの時、先生が何気なく話していたことを何故いまこんなに自分は 覚えていないのだろうと思う。その面影があるだけで。
僕が現代ギター社で連載を担当するようになって1年が経った頃、編集部の人に聞いたことがある。「何 故、仙台にいる僕が連載させてもらえているんですか?」と、すると、「言うなって言われてたけど、「弘 和先生に「小関をよろしく」と言われたんですよ」と。先生は本当にそういう人だ。言葉よりも実践。その 時のレベルに合わせて現場を与えてくれていた。そうやって後になってから気付くこと、知ることばかり。 盛岡へ一緒にコンサートへ出かけた時のこと。コンサートの翌日に岩手大学のギター部を訪ねたことがあっ た。先生は部室で学生がリクエストした曲を全て暗譜でサラリと弾いてみせた。昼食を学食で食べることに なり、注文したメニューを待っている時、先生はおもむろに五線譜と鉛筆を出して音符を書き始めた。その 時思いついたメロディーを書き留めていたのだ。しゃしゃっと、数分で。 先生は作曲の時は、頭の中で完成したらそれを五線譜に落とすのだそうだ。パズルゲームと推理小説が好 きで、それは作曲のトレーニングになるのだとか。


僕が東京へ行き、先生に会う度に誰かに会わせくれた。その方々とのご縁が生まれ、今では一緒に様々な 活動をさせてもらうようになった。一緒に自転車に乗ってくれたことも、散歩したのも、小さく見えるよう な一つ一つのことが音楽に結びついている。


結局、先生がどうやって作曲していたのか、それは今もわからないままだ。「作曲の仕方」の分かりやす い方法なんてものはたぶん存在しないのだ。実践あるのみ。僕が日々、作曲をしていて残っているのは先生 のその作曲に対する姿勢。先生は人から見えないところでずっと戦っておられたのだと思う。僕はその「姿 勢」のほんの一部を垣間見ることができただけでも十分だ。言葉で教えれるものではないし、やはり「実践 あるのみ」なのだから。


僕は先生がいなくなってから空を見上げることが多くなった。今になって話したいこと。見てもらいたい もの、聴いてもらいたいものがいっぱいある。でも、音楽をやっていて良かった。音は空へ届くような気が するから。この空の下、僕はこれからを生きていく。ギターを弾いて、作曲をして、次の時代をみんなと一 緒に創っていきたい。 

小関佳宏


PR
 
明日、9月11日朝にdateFMに出演します。

Morning 
Brushという番組です。
10151028 
お時間の合う方は是非、お聞きください。
昨日と今日は仙台の某百貨店で一日4ステージの演奏
計8ステージ。


珍しく久々に、オーボエ奏者の方とご一緒させてもらいましたが、
オーボエという楽器の音色は良いですね。


楽しくもあっという間の2日間でした。


そんな中でも、終わってからスタジオに行き、
CDの最終調整をして、クロネコヤマトへ走り、
ジャケットのデータのやり取りをして、、


同時にいろいろなことを進める。


そんな毎日。


こういう時期が終わって、普通の日常がやってくると、
なんかちょっと物足りなく感じるような気もする。


でも、そんな日はしばらく来ないかな。


きっと、こういう感じが好きなんだろうな、僕は。


僕は良いけど、それを支えてくれている周りの人が大変。


みなさん、ありがとうございます。


本当に、ありがとうございます。



「ギターの音ばっかり聴いて、疲れたなぁ」
って言いながら、ギターを聴く

ギター好きだねぇ。お前さん。


音楽は、、


「音楽は人々の生活から離れちゃいけない」
先日、演奏させてもらった日本一美味しい焼き魚を出すお店の大将の言葉。


本当に、その通りだと思う。


その時のコンサートは、とってもワイワイしていた。
気の合う仲間と、家族と、美味しいものを食べ、お酒飲んで、そこに生演奏がある。
なんて佳い時間なんだろうと思った。
途中、リクエストのあった「ダニーボーイ」を弾いている時、急に感極まった。
「たまんねーなぁ」って。音楽っていーなーって身体が泣いた。


「よー!兄ちゃん。あれ、弾いてよ!!」
ってノリ、昔は嫌いだった。
今は好き。


いつから好きになったのかな。
なんとなく自然と、いつの間にか。


「音楽は人々の生活から離れちゃいけない」
は、心に残る一言だ。


自分は離れちゃいないだろうかと確かめたくなるし、
離れているものもたくさん目にする。


立ち返るべきところはすぐ足元にある。
家族や近所の人、友達が家に来たら演奏する。
「演奏できる」本当はそれで十分。


でも、それは結構、なかなかどうして難しい。


仕事ープライベートー音楽家ー楽器が好きー音楽が好きー演奏することが好き
それらの境目は曖昧だ。


生活に音楽が馴染んでいるか。


その練習はどこへ向かうものなのか。


「レッスン」という形も
「楽譜や出版」という枠組みも
「コンクール」の在り方も
「この業界」の進む方向も


僕も
みんなも
足元から離れちゃいけない。


最後に言っておきたいことがある
「でもね大将、僕らは人から離れたところで習得したものがあるから、みなさんの前で演奏できるんですよ」って。


頑張った仕事の後のビールが美味しいようなもの。
世の中には様々なタイプの音楽家がいる。
僕が今、思うにはざっとこの7タイプの音楽家がいると思う。

1、「伝え、残すタイプ」
2、「クリエイティブなの大好きタイプ」
3、「やりたいことを真っしぐらタイプ」
4、「お仕事第一主義タイプ」
5、「お勉強大好きタイプ」
6、「天才系音楽家」
7、「何かの為に生きるタイプ」

1、「伝え、残すタイプ」は、
それぞれの楽器や音楽のジャンルの魅力を新しい人々へ伝え、
その歴史を後世に伝え残していくことを主としている人。

2、「クリエイティブなの大好きタイプ」は、
その楽器、音楽を通じて自分の表現を探求するタイプの人。

3、「やりたいことを真っしぐらタイプ」は、
自分の道をひたすらに邁進する人。

4、「お仕事第一主義タイプ」は、
「プロ」という名の元に、なんでも熟す人。

5、「お勉強大好きタイプ」は、
音楽の成り立ちや歴史を研究することを主としている人。

6、「天才系音楽家」
特別な才能を持ち、他のどれとも違う道を歩む人。

7、「何かの為に生きるタイプ」は、
反戦や環境問題、布教や販売など、何かのために音楽と共に生きる人。

表現の違いはあれど、このどれかに分類されると思います。
もしくは、この1〜7がそれぞれ何パーセントかずつ混ざり合っています。
おそらく、実際は、幾つかが混ざり合っていると思います。
そして、その音楽家一人の中でも、時期によって移り変わるものでもあると思います。

この記事を読んでくださったあなたはどんなタイプの音楽が好きですか?

もし、あなたが音楽家を目指すならどんなタイプになりたいですか?

もし、あなたが音楽家の場合、今はどんな割合になっていますか?

どれが優れていて、何が正しいという訳ではないです。
多分、音楽で生きている人には全部必要だと思います。

学ぶことが嫌いな人はやっていないだろうし、
みんなそれぞれ何かしらの才能を持っているし、
何かの為にやって、
音楽である以上その歴史の上に成り立っている。

それぞれに割合が異っているということ。

その人の性格や生い立ちとも密接に関わっているとも思う。

その人が持っている資質と望む道が一致している時、
その音楽家は喜びを感じ、
自分の人生の真ん中を歩んでいる実感を持てるんだと思う。
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 9
11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/26 染谷]
[08/31 fake cartier love anhänger]
[06/09 pasha cartier femme replique]
[03/11 love cartier replique bracelet]
[03/08 love bracelet size 16 cheap]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
Yoshihiro KOSEKI
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索

Copyright © [ 小関佳宏のブログ ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]