忍者ブログ
クラシックギター奏者、作・編曲家として活動している小関佳宏のブログ
ここにフリースペースタイトルを表示
ここにフリースペースの記事を表示。
改行する場合は<br>、
その他文字の装飾など基本的なHTMLに沿って変更してください。
HTMLがわからない方は高性能エディタで記事を書いた後、
左上の「ソース」をクリック、ソースコードをコピペしてください。
用途は「ニュース」「注目記事」「アフィリエイト」「RSS」「ランキング」などなど
フリースペースの必要のない方は、普通のgradation_blue_3をダウンロードするといいと思います。

2017年7月7日。
7並びの七夕の日に念願の村治佳織さんに直接お会いすることができました。


この日、東京文化会館で行われたコンサート『渡辺香津美 meets 村治佳織』へ行って来ました。


山下さんが動いてくださって特等席の招待席。久しぶりに生で聴く村治さんの演奏。開演前からワクワクドキドキ。
超満員の会場は独特の熱気に包まれて、渡辺香津美さんと村治さんのコンサートはジャンルを超えた新鮮な時間でした。

終演後、ロビーに村治佳織さんのお父様の村治昇先生がいらして
山下さんが「紹介しますか?」
と言ってご挨拶すると
そのまま、するっと楽屋へ通してくださいました。
僕は「なんだこの速さは、、!!」
と戸惑いつつ、流れに身をまかせ。。
心の準備も何もないまま
村治佳織さんにお会いしました。


僕が編曲した〈花は咲く〉を本当によく弾いてくださっているそうで、
「〈花は咲く〉はとても好評なんですよ。」とか、
「歌詞のない〈花は咲く〉は〜〜」
「編曲が〜〜で〜〜」
と声をかけてくださったのだけど、


私、小関佳宏、、
完全にテンパって、
よく覚えておりません(´༎ຶོρ༎ຶོ`)


テンパりました!!


山下さんが一緒で、いろいろ話をしてくれたから良いようなもんで、
全く使い物にならん。。


あとから、山下さんに
「ど素人じゃないんすから、笑」
と。。


だってさ、
いやいやいやいや。、、
この人がいて
クラシックギターにのめり込んで、
今までずーーっとやって来てさ、
その憧れの人が自分の編曲ものを弾いてくれるミラクルが起こって、、
僕を支えてくれて来た多くの人と時間の長さが頭の片隅で走馬灯のように流れて、言葉で伝えたいことは山のようにあって、、
僕は東北の人間で、花は咲くの意味の重さもあって、、


それをあの瞬間に、
いやいや、おらぁ、なんも言えん。
とにかく、とにかく、
嬉しかった!!


ほんと、泣くわ。。
一晩経っても興奮覚めやらず


なにか、心の中に
バシーン!!っと、
新しい柱が立った
感覚があります。
次のステップへ!


『会う』
このエネルギーはすごい。


仙台に来てもらおう。
PR
7/3の夜行バスで仙台から東京へ。
7/4の朝10時からのギター合奏連盟の常任理事会へ参加。
先日の重奏フェスタ&コンクールの話や10/28に行われる合奏フェスタの話などなど。まだ非公開ですが、10/28も「〇〇〇!!!」なことが予定されています。
理事会の後はいつものようにみんなで食事へ。
その後は永島先生にレッスンを受け(ここでの話も超面白かったけど、マニアックな内容なので割愛します)夜は秘密の集会へ。東京で暮らしている親友が非常に有意義な出会いを与えてくれました。
5日。
午前中に今度共演させてもらうフルート奏者の方とリハーサル。
午後から千葉の君津へ移動。
3年ぶりに訪れる君津。
千葉は僕にとって、とてもとても大切な場所。
Kさんとご家族と再会、泊めていただいて、一晩中話をして、ギターを聞いてもらいました。
6日は山下さんも君津入りして夜はコンサート。
予定よりもたくさんのお客様に来ていただきました。
時間のない中、尽力してくださったKさんに本当に感謝です。
そして、その打ち上げがこれまた楽しかった!
お店の方とお客さんも巻き込んで、
飲めや歌えやの大宴会!!
こういう時、楽器が弾けるってのはえーなーと実感する時でもあります。
以前は全く出来なかったけど、最近は酔っ払ってもギター弾けるようになりました。それはそれなりだけど、その楽しさを覚えつつあります。
続く。。
6/21〜23は気仙沼から遠野での復興支援コンサートへ行っていました。
ここでもミラクルのような色々な出来事がありましたが、その詳細はまた後日書くとして。。
今日は第29回 日本ギター重奏コンクールへ審査員として参加してきました。
今回のコンクール参加は4組。
東京から2組曲、大阪と仙台から1組ずつ。
僕を含め、合奏連盟の常任理事12名と特別審査員の原先生、13名での審査でした。
コンクールの審査員というのは初めての経験でした。
今のギターでのアンサンブルはどこへ向かっているのか、これからのアンサンブルはどこへ向かっていくのか、そんな流れを感じることが出来たように思います。
ギターそのものは、みんな上手い。
しかし、アンサンブルとして、人と合わせる。その意志がどこへ向かっているのか。それがそのまま結果となって表れたようにも思います。
「クラシックギター」として。
クラシックギターの「クラシック」の部分をベースとして、ありとあらゆる様々なものが融合している現代の曲。
これからの人達は知らなきゃいけないことが非常に多い。非常〜に!!
それを追っていっても一生追いつかないんじゃないかと思う。
そういう戦いに挑むのも一つの道。
そんな流れに興味を持ち、知識として知りながら、自分の音楽を創る。
それもまた一つの道。
ギターの中でも、クラシックギターの人は追うのが好きな人が多い。
けれど、目的が自分や自分達の中にあるのではなく、もっと開かれたものであって欲しいも僕は願って仕方がない。
もう一歩、二歩、先を。
そういう視点において、今回の優勝者は断トツで一位でした。
次回「山下俊輔&小関佳宏 Two Guitar Live」は君津での開催です。お近くの皆様、遠くの皆様も(笑)
是非お越し下さい!




2017年 7月6日(木)

会場:君津市・八重原公民館


( 千葉県君津市南子安9-17-2 )


チケット: 一般 / ¥2,500 学生 / ¥1,500


主催:Wonder World Works


お問い合わせ・ご予約
☎ 080-2379-0446
(クジ)
☎ 090-9429-5375(コセキ)


wonderworld.koseki@gmail.com 


仙台市内

9/1 (金)  19:00~
『 第3回  17世紀 イタリア音楽の世界 』
ヴァイオリン:駒込綾 ソプラノ:沓澤裕恵 ギター:小関佳宏
会場:ほっぷの森 仙台市青葉区本町1-2-5第3志ら梅ビル4F
各回チケット ¥2,500(サービスドリンク付)
月に一度のギターの時間小関佳宏コンサートシリーズ 
30th 7/23(日)「秦基博特集」
31st 8/27(日)「星野源特集」
32nd 9/17(日)「宇多田ヒカル特集」
時間:open 18:00   start 18:30
会場:Antique&Cafe TiTi仙台市宮城野区鉄砲町5-8)
料金:¥2,000 (ドリンク別途)
9/22(土)
『 佐藤正隆&小関佳宏ギターコンサート 』
仙台市シルバーセンター・交流ホール
開演 19:00
ゲスト:森田綾乃(ギタリスト)
*詳細未定(後日HPにて)
10/8(日)
「 山下俊輔 & 小関佳宏 TWO GUITAR LIVE  仙台公演」
会場:ほっぷの森 仙台市青葉区本町1-2-5第3志ら梅ビル4F
2回公演 14:00~/19:00~  各回チケット ¥3,000 


〜〜県外〜〜

7/6(木)
「 山下俊輔 & 小関佳宏 TWO GUITAR LIVE  君津公演」
千葉県・八重原公民館・ギャラリー 19:00~
9/30(土)
『山下俊輔 & 小関佳宏ギターコンサート(仮)』
東京・近江楽堂 19:00~ 
10/6(金)
「 山下俊輔 & 小関佳宏 TWO GUITAR LIVE  山形公演」
会場未定 19:00~ ゲスト:駒込綾(ヴァイオリン)
10/7(土)
「 山下俊輔 & 小関佳宏 TWO GUITAR LIVE  いわき公演」
福島県・アリオス 小ホール 19:00~



すべての公演のご予約・お問い合わせは


☎︎ 090-9429-5375(コセキ)
wonderworld.koseki@gmail.com

 

カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[06/09 pasha cartier femme replique]
[03/11 love cartier replique bracelet]
[03/08 love bracelet size 16 cheap]
[03/08 faux tank cartier]
[01/20 cartier love bangle 2016 price]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
Yoshihiro KOSEKI
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索

Copyright © [ 小関佳宏のブログ ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]