忍者ブログ
クラシックギター奏者、作・編曲家として活動している小関佳宏のブログ
仙台も天候は悪いらしいけど、鶴岡は今、猛烈な地吹雪です。家が揺れてる……。

今日僕が出演したのは『黒川・蝋燭能』というイベントの一部。
僕らの演奏は午前中に終了し、午後からが春日神社というところで行われた能舞台。
ここ黒川に500年前から伝わる伝統芸能です。
会場には大阪、神奈川、東京、埼玉など全国からお客様が来ていて250席は満席。『蝋燭能』とは電気の照明を使わずロウソクだけを使って能を演じるところから来ています。
とても歴史のある神社で蝋燭の灯りで能を観る。もうそれだけで別の時代に行ったような感覚。約4時間と長いものではあったけど、日頃は触れない世界を十分堪能できた。

その後、交流会というのがあり、演者とお客総勢200人くらいの宴が開かれた。

黒川には230世帯の家があり、そのほとんどの人がこの能に関わっているらしい。演者、お囃子、それが下座、上座に別れているから倍になる。ご馳走を作るお母さん達。そしてスタッフ。スタッフも家紋の入った着物を全員が着ている。素晴らしいイベント力と結束力です。

で、この着物を着ている方々にとにかく呑まされました(笑)
にごり酒、樽酒……。
なんか、交流会が終わる頃にはに参加したみんなが仲良くなって、みんなが笑っていて、酔っ払って顔が赤くて、お互いに『ありがとう』を連発している。そんな空間になっていた。僕も、また逢いたいと想う人達と出会えた。

僕は宴の間に想像した。
娯楽というものが無かった時代…神社は現代よりももっともっと大切にされていて、村人の心の寄り所だったんだろう。年に何回か季節の変わり目に神社でお祭りがあったり『能』や『狂言』が演じられたんだろう。その後にこうやって宴があったんだ。人と人が集まってお酒を酌み交わすだけでこんなに楽しい。多分それは昔も今も同じだろう。500年も続く芸能の裏付けを見たような気がした。

全国から人が来るのも頷ける。。


僕はその後、温泉へ。
文句なし☆☆☆

横から殴りつける吹雪の中で露天風呂!!

最高♪♪


『もっけだのぅ~』は庄内弁でありがとうの意。


もっけだのぅ~。

謝々!
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 22 25
26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[11/24 Y]
[11/10 かわぐち]
[10/19 Y]
[10/19 NONAME]
[09/26 染谷]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
Yoshihiro KOSEKI
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索

Copyright © [ 小関佳宏のブログ ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]