忍者ブログ
クラシックギター奏者、作・編曲家として活動している小関佳宏のブログ
山下俊輔氏とのアルバム「Think」を9月30日にリリースし、同日に東京オペラシティ近江楽堂でのコンサートを皮切りに、10月5日昼に秋田市カフェブルージュ、夜は横手市Bar MONK、6日は山形市ノイジーダック、7日はいわき市アリオス小ホール、8日仙台市ほっぷの森ホールで2回公演。5日間で7公演、加えて9日には宮城県田尻でのエコキャンドルコンサートに出演させていただきました。


各会場での主催を引き受けてくださった皆様、お越しくださった皆様、ご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました。


僕にとっては初めて自分が主となって行ったツアーとなりました。


こうして、ツアーをやってみると、普段では感じないことがたくさん見えました。自分の立ち位置や自分のパフォーマンス、自分の音楽の在り方や考え方などなど、「自分を見る」ことが多かった。


「初心にかえる」というか、若い頃バンドをやっていた時の様な気持ちになっています。


ギタリストの頭文字から「クラシック」を取り、アレンジャーという肩書きも取り、ギターを弾く人という役割からも抜けたところで、一人の「ミュージシャン」としての力量が問われている感じがしました。
もっと言うと、ミュージシャンでもなく、人間力でもあると思った。


クラシックギターってものが「知られていない」こと。自分のことを世間は「知らない」こと。
「知らない」ことを知った。


僕は自分のことを、「知られている」と思っている訳ではないし、有名だとも思っていない。
僕は自分のやりたいことをやりたいようにやって来ただけで、そういう事を意識しないでやってきた。


相手は「知らない」ということを意識するようになると物の見方はずいぶん変わる。


このツアーを経て、初心にかえり、
自分を枠から外して、一から新しく世界へ挑んでみようと思います。
そう思うと、なおさら、
普段を支えてくれている皆さん、
今回ご協力くださった皆様、足を運んでくださった皆様が有り難くて仕方ないです。

本当にありがとうございます。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 「風立ちぬ」の件
 小関さん、こんばんは。
 今、発売中の現代ギター誌を読んで驚きました。

 松田聖子さんの「風立ちぬ」を知らないということは、NHK朝ドラ「あまちゃん」をご覧になられてなかったのですか?(笑)

 家出した若い頃の天野春子(有村架純)が、歌番組でこの曲を歌っているのです。
かわぐち 2017/11/10(Fri)18:33:12 編集
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[11/24 Y]
[11/10 かわぐち]
[10/19 Y]
[10/19 NONAME]
[09/26 染谷]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
Yoshihiro KOSEKI
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索

Copyright © [ 小関佳宏のブログ ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]