忍者ブログ
クラシックギター奏者、作・編曲家として活動している小関佳宏のブログ


今日は加美町にある重要文化財「松本家住宅」での演奏でした。
囲炉裏端での演奏なんて初めて。
火を焚いているいい薫り、なんともちょうど良い暗がりの中での演奏となりました。
主催の皆様、お越しくださった皆様、お世話になりました。
ありがとうございます。
「松本家住宅を楽しむ」というコンセプトのもと、定期的に開催されているコンサートなのですが、こうやって特定の建物を利用して、主にご近所の方々が集まって音楽を楽しむ。
広報もして、外部の人も参加して認知されていく。
演奏後は親睦会もあり、演奏者も一緒に交流できることはとっても素敵に試みだと思いました。
何より、地域の皆さんの交流の場としてとても良い機会になっていると感じました。
コンサートの在り方として、ホールや街の中心部に行くだけじゃなく、こんな風に自分の街に奏者を呼んで、その地域の人達が楽しむ。
これはとても素敵な在り方だと思います。
コンサートは特別なものではなく、日常に根差したものになることが文化なのだから、こういう在り方がどんどん広まったらいいなと思う。
PR
今年の1月から日本ギター合奏連盟の理事会に参加している。
今回で4回目。月1回定期的に東京へ行くことになったので、
それに合わせていろいろな人に会い、たくさんの刺激を受け、
学び、語り合い、非常に有意義な時間を持つことができている。
高速バスで夜、仙台を出て、朝までの時間。
仕事もできないし、もちろんギターも弾けない。
この一人の考える時間が有意義だ。
20代の前半、いつもバスで東京ー仙台を往復していた時を毎回思い出す。


けれど、なんだろう。
あの頃とは違う雰囲気がある。
闇雲な何かを求めているのではなくて、
明確な意志があり、目的があり、地に足が付いている。
1泊3日か2泊4日の月1の旅。


理事会は朝の10時から始まる。
同じ店、同じ席で。
僕はそこで、諸先生方の話を聞いている。
今のギター界の流れを見ている。
 

理事会の後は、同じ中華料理屋さんで
みんなでお昼を食べる。
ここで話される話題がまた面白いのだ。


その後は、永島志基先生にレッスンを受けにいく。
これも1月から始めたこと。
弘和先生のギターの先生である志基先生。


ギターのテクニック、作曲のこと、編曲のこと。
この時間も楽しくて仕方がない。
教えていただいたことは、仙台のみんなに伝えたくてしかたない
と毎回思っている。
そして、それを伝えることの難しさも毎回感じている。


その後、今回は「ギターの友」の編集長とお会いした。
実は初めてお会いするのでした。
作曲の連載をさせていただいているのに、
お会いしたことがなかったのです。


最近「会う」ということの重要性を本当に感じる。
そのお人柄に触れると、その前とはいろんなものが全然違う。
夕飯をご馳走していただいたりして、
お酒を一緒に飲むともっと。


やっぱり、人は「人」なのだなあ、と。

嬉しいニュースも舞い込み、
その詳細は半年後くらいに明らかになると思います。

そして、その後、
旧友に会いに行った。
この詳細も今はまだ言えないことなのだけど
すごいことが巻き起こっています。
友は宝です。

次の日、
いちむじんの山下さんとの合わせ。
まだ。このブログでは公表していなかったけど
5月21日に山下さんをコンサートをやります。
今日は、コンサートの内容よりも
リハーサル時の楽しさを先にお伝えしたい。
「同じ曲が奏者によってこんなにも違うのか!?」
と、思い知らされました。
山下さんは
「(ギターがどうこうの前に)音楽をやっている」
と言っていたけど、
本当に、それが大事だと思う。
音楽そのものを表現しようとする姿勢。
音楽から感じることを大切にして、それを表現する感度。
それを言葉にして伝える能力。
流石です。
思わず、笑いが出てしまうような言葉の嵐。
こういう時、たまらんです。
音楽やってて、最も幸せな瞬間のひとつ。
オモロイわぁ〜〜
ほんと、みんなに聴いてもらいたいです。


理事会やレッスンは内側のこと
旧友や山下さんのことは外側のこと
このバランスが大切だと思っている。
どちらかに偏ってしまっては視野が狭くなる。
どちらも見て、現実が見えてくると思っている。
東北から東京を見て
東京から東北を見る。
これも大事。
そのうち、世界から日本を見て
日本から世界をみるようになるだろう。
道中、友人のギタリストから電話があって
その、世界への切符を手にしたと言っていた。



僕は普段、電車に乗らない。
仙台で電車に乗るのは好きじゃない。
駅ごとに違う色を持っている東京で
違う人と巡り合っていくと
まるでロールプレイングゲームのように
自分が駒を進めていく感覚がリアルに感じられる。
足で歩いて、前に進んでいる実感。
その時いつも心のなかで思う。

「人生闊歩」
2/25は僕が中学校までを過ごした東仙台にあるカフェでソロのコンサートがありました。
こちらはカフェのオーナーさんの希望で非公開だったので事後報告。
小学校の同級生のお母さんや従兄弟が来てくれていて嬉しかったです。





2/26は復興コンサート【ウェルカムパーティーIN鶴ヶ谷@鶴ヶ谷東コミュニティセンター】
vn.佐藤実治くんと二人で。
今、僕が住んでいる鶴ヶ谷には震災後に災害公営住宅ができ、元々あった市営住宅にも被災された方々の転入があり、併せて90世帯にのぼるそうです。
鶴ヶ谷地区社会福祉協議会を中心に「復興公営住宅入居者をあたたかく迎える実行委員会」なる主催組織を作り今回が2回目となる交流会。
転入された方、福岡・筑紫女学園大学のボランティア12名+α、町内会、社協スタッフ含め80名の参加で会場はぎっしり。

「美しきロスマリン」「情熱大陸」「チャールダッシュ」、「星の名前」、ギターソロで福岡ゆかりの「からたちの花」 など。
終わりは「早春賦」「北国の春」はみなさんでご一緒に。

新しく転入された方々に鶴ヶ谷の良さを感じていただきたく、一生懸命演奏とお話をさせていただきました。

NHKと仙台放送の取材もあり、夕方や夜の放送で紹介されていたようです。



美味しいお昼もごちそうになって、、ありがとうございました。
昨日、書きそびれてしまったのだけれど、
会議の後は永島志基先生にレッスンを受けてきました。
弘和先生のギターの先生である永島先生。
ご自宅にお邪魔させていただいてレッスンでした。

いろいろなことを知ることができました。
知らず知らずに自分の癖になっていたこと。
全然知らない発想を知れたこと。
これから練習する課題
諸々。。

「楽しい!」「嬉しい!!」
そんな感じです。

今日、家でそれらを練習してみると
全然、出来ない。
習得するのはしばらくかかるかな。

いろんな人が様々なアプローチで研究が進んでいる。
それを垣間見た感じも大いにありました。
どんどん取り入れて自分のことに活かしていきたいと思います。






カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 3 4 5 6
7 8 9 12
14 16 17 18 19 20
21 22 23 24 26 27
28 29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[03/11 love cartier replique bracelet]
[03/08 love bracelet size 16 cheap]
[03/08 faux tank cartier]
[01/20 cartier love bangle 2016 price]
[01/20 love bangle screw faux]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
Yoshihiro KOSEKI
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索

Copyright © [ 小関佳宏のブログ ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]