忍者ブログ
クラシックギター奏者、作・編曲家として活動している小関佳宏のブログ
伊勢真一監督作品「傍-3月11日からの旅-」
というドキュメンタリー映画の挿入曲に小関佳宏作曲の『オレンジ』が使われることになりました。

下記、監督の言葉と上映会の情報です。

2011年3月11日、突然「そのこと」は起こった。
多くの人が成すすべもなく、「そのこと」=東北地方の地震、津波、原発事故に大きく揺さぶられた。ただ、オロオロするばかりだった。
四日後、仲間のカメラマン宮田八郎が宮城・亘理町に暮らす、友人のミュージシャン苫米地サトロの安否を尋ね被災地に入り、撮影が始まった。
以来毎月11日「月命日」の前後に私は仲間たちをさそって、宮城・亘理町と、やはり友人の暮らす福島・飯館村に通い続けることになる。
被災地の被災者の傍らでの一年。それは、無慈悲な仕打ちを前にした「いのち」に寄り添うことだった。

被災地の一人ひとりにとっての時間は、止まったままの時間を生きている人だっているに違いない。あの日、あの時から、ずっと心の中で黙祷をし続けている人だっている。

津波を運んだ海、その海に浮かぶ満月の傍で。
友人たちの、逝ってしまった一人ひとりの、ただ祈る人々の傍で。
それでも大地に海に生きる人々の傍で。
ガレキに埋もれて咲く小さな花の傍で。
おずおずと
カメラを回し続けて残されたささやかな記憶の束を手渡したい。

人間は忘れてしまうけど、映像は「忘れない」

傍に耳を澄ませてほしい。

春が来て、夏が来て、秋が来て、冬が来て、再び春は来る。
「いのち」は生きるほうへ向かうのだから。

監督 伊勢 真一





2012年2月14日(火)
 東京・なかのZERO 視聴覚ホール  こどもたちよ!ーいのちは 生きるほうへ 向かうーイベント内にて
 上映時間   10時30分より/14時より  ※ 10時30分の回上映後にいせひでこさん(絵本作家)×伊勢真一監督、14時の回上映後に伊勢真一監督によるトークが、それぞれあります。
 主催     子どもたちよ!実行委員会
 予約・問合せ 03-3407-2533(子どもたちよ!実行委員会)

2012年2月18日(土)
 東京・なかのZERO 視聴覚ホール
 上映時間   10時より ※ 上映後、苫米地サトロさん(シンガーソングライター)×伊勢真一監督によるトークあり。
 主催     子どもたちよ!実行委員会
 予約・問合せ 03-3407-2533(子どもたちよ!実行委員会)

2012年2月26日(日)
 神奈川・横浜市大倉山記念館 メインホール 大倉山ドキュメンタリー映画祭
 上映時間   15時より ※ 17時15分より、伊勢真一監督×康宇政監督×古居みずえ監督によるトークあり。
 主催     大倉山ドキュメンタリー映画祭実行委員会
 予約・問合せ 045-228-7976(ローポジション)またはookurayamaeiga@yahoo.co.jp
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 3
4 5 7 10
12 13 14 16 17
19 20 22 23 24
25 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[06/09 pasha cartier femme replique]
[03/11 love cartier replique bracelet]
[03/08 love bracelet size 16 cheap]
[03/08 faux tank cartier]
[01/20 cartier love bangle 2016 price]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
Yoshihiro KOSEKI
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索

Copyright © [ 小関佳宏のブログ ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]