忍者ブログ
クラシックギター奏者、作・編曲家として活動している小関佳宏のブログ
福耳ライブ、無事に終わりました。
ご来場下さった皆様、ありがとうございました。
自主開催としては久しぶりでした。
新旧織り交ぜたプログラムでしたが、新鮮な気持ちで演奏していました。

僕にとっては今でこそ当たり前の様になっていますが、楽譜のない曲をギターで弾けるようにして言葉と合わせる。そういうことをこの福耳ライブでたくさんやってきました。
今やっている、ギター編曲の土台はここで培ったんだなぁと思い返していました。

ギターを単体で弾くのではなく、言葉と合わせるというのは、それなりに技術が要ります。
言葉に合わせるには、曲の長さやフレーズを瞬間的に変化させていかなくてはならない。
言葉の速さとか、曲のテンポを最初からガチガチに決めてしまったのでは面白味がなくなってしまう。
ライブ感が大切。それが生でやってる意味でもあるし。
だから、毎回絶妙に違う。
それが面白い。
その音を出そうと思った瞬間にその音を出さないと、その瞬間は去ってしまう。一見、ゆったりした時間に見えるけど、やってる側は結構スリリングなんです。

写真は帰りに食べたラーメン。
また会場の写真を撮り忘れました(^^;;

PR
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 22 25
26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[11/24 Y]
[11/10 かわぐち]
[10/19 Y]
[10/19 NONAME]
[09/26 染谷]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
Yoshihiro KOSEKI
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索

Copyright © [ 小関佳宏のブログ ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]