忍者ブログ
クラシックギター奏者、作・編曲家として活動している小関佳宏のブログ
みなさん、こんばんは。

日本を代表するギタリストの村治佳織さんが5年ぶりに「ラプソディー・ジャパン」というタイトルのCDを10月26日にリリースされます。

そのCDの中に僕の編曲した<花は咲く>を収録してくださいました。

その事を聞いたのは先日のクアトロ・パロスのコンサートの打ち上げでのことでした。
現代ギター社の編集長が「小関くん、連絡あった?」

僕「え?、なんのことですか?」

編集長「村治さんの事務所から連絡来てないの?」

僕はその時、すごくドキドキした。

僕「来てないですけど。。何ですか?」

編集長「村治さんの新しいCDで小関くんの<花は咲く>を・・・・」


その時の嬉しさたるや、言葉にできないほど。

でも、この世界、話だけで終わることが多いから
ぬかよろこびしないようにしようと平静を保とうとしました。

打ち上げを後にして、地下鉄に乗り、
宿に着いてからも、半信半疑のまま

だけど、それが本当になったらいいなと心底願っていました。

それから数日。
本当に事務所の方から連絡をいただき
だんだん現実味を帯びてきました。

それでもまだ疑っている僕。

送られてきた資料には「情報解禁日」が示されてあり
その日までは言っちゃいけないと思いながらも
身近な人たちには嬉しさのあまり喋っていました。笑


情報解禁日の前に公式の情報で公になりました。

もうこれだけ世の中に書いてあるのだから
もう大丈夫だろうと今書いています。


村治さんは、僕が高校生の時にCDを聴いて
クラシックギターの世界への憧れを抱いた人。

憧れて、憧れて、こうしてずっとギター弾いて来ました。

そのご本人が自分の編曲したものを弾いてくれる日が来るなんて!!

人生、なんて面白いのだろう。


今、リサイタルを前にして、練習に明け暮れる日々ですが
この村治さんの一件が僕に大きな力を与えてくれています。

そして、もう「憧れ、憧れ」とばかり言っていられないような責任も感じています。
自分で思う以上に僕はここに存在している。
そういう自覚をしっかり持たないといけない、と。

村治さんのCDに自分の名前が記載されている自覚を。

目下、リサイタルまでベストを尽くします。

小関佳宏
2016.10.4












PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 3 4 5 6
7 8 9 12
14 16 17 18 19 20
21 22 23 24 26 27
28 29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[03/11 love cartier replique bracelet]
[03/08 love bracelet size 16 cheap]
[03/08 faux tank cartier]
[01/20 cartier love bangle 2016 price]
[01/20 love bangle screw faux]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
Yoshihiro KOSEKI
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索

Copyright © [ 小関佳宏のブログ ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]