忍者ブログ
クラシックギター奏者、作・編曲家として活動している小関佳宏のブログ
今日は僕が初めて映画の音楽を担当した「そのきらめきは生きる命の輝き」という映画の関係者内の試写会がありました。

膵嚢胞線維症(すいのうほうせんいしょう)という難病の子供達の現状をつたえるドキュメント映画です。

映画館で上演されるタイプのものではなく、上演会形式で様々な場所で今後展開されていきます。

まだ具体的にどこで、というのはまだ決まっていませんが、決まったらお知らせさせてもらいます。

とにかく、僕の夢だった初の映画音楽が実現しました。

主題歌以外の、映画の全編が僕の自作自演の音楽。


そういえば、5年くらい前に自分のパソコンの映像を作るソフトを使って、3分くらいのショートフィルムを作り音楽を入れて、最後のエンドロールに「音楽・小関佳宏」と入れて勝手な妄想を膨らませたりしていたことを思い出しました。

「俺はいつか映画音楽をやるんだ」って

僕の妄想の中では黒い画面に僕の名前が下から上がってくる、というものだったのですが、今日の映画は青空の背景の中に名前が浮かび上がってくる、というものでした。

僕は生きているうちに400本の映画音楽を担当したいと思っています。
29歳で一本目。

ある意味、今日という夢が実現した日はもっと喜んで祝杯をあげているのかと思いきや、全然そんな感じではなく明日の演奏の事、次の展開を考えています。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 無題
初めての映画音楽おめでとうございます。

いつもはCDや色々な場所で小関さんの演奏を聞いていて、気持ちが揺れたり、情景が浮かんだり、自分なりに色をつけていたりするのだけれど、
始めに映像があって、そこに小関さんの音楽があるってことが、自分とってはまたいつもと違う新しい感覚かな。

こういう形じゃなければ分からずにいたテーマ、知るためのいいきっかけになるんじゃないかと思います。小関さんが生み出した音楽たちにも出会いたいし、機会があったら鑑賞してみたいですね。
shinov 2010/05/27(Thu)20:49:01 編集
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[06/09 pasha cartier femme replique]
[03/11 love cartier replique bracelet]
[03/08 love bracelet size 16 cheap]
[03/08 faux tank cartier]
[01/20 cartier love bangle 2016 price]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
Yoshihiro KOSEKI
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索

Copyright © [ 小関佳宏のブログ ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]